遺言作成や不倫の慰謝料問題はプロにお任せ|法律マスター

握手

納得できる額を請求できる

裁判所

自分の結婚した相手が不倫を行なっていた場合、多くの人は離婚を決意するものです。離婚届けなどを提出できたとしても、課題となるのが慰謝料の問題です。不倫によって離婚した場合、収入のない専業主婦であった人は、新しい生活を立て直すためにたくさんのお金が必要となります。慰謝料などを相手から多く得られれば、仕事を見つけるまでの間の生活費として利用ができますが、離婚をした相手もそうやすやすとこちらの慰謝料請求に応じることはありません。生活に必要なだけの慰謝料を得るには、離婚調停などを専門に行なっている弁護士へ依頼を行ないましょう。弁護士は、法廷で依頼をしてくれた人がどれだけ精神的な苦痛を与えられたかを強力に弁護してくれます。特に相手の不倫が原因で別れた場合ならば、結果によっては法外な額の慰謝料を得ることもできるので、離婚調停などの際には必ず弁護士への依頼を行ないましょう。

慰謝料の請求は、生活費などに使用するお金を得る目的だけではなく、相手への処罰を目的として支払いを要求する場合もあります。相手に不倫されたことで離婚をした人ならば、伴侶である人やその不倫相手に対して、自分を欺いていた報いを受けさせたいと考える人も多いでしょう。離婚を行なったとしても、相手にとってはそれほど重要な問題だと考えられていない場合もあります。離婚してせいせいしたといわんばかりの態度を取られれば、信じて今まで夫婦生活を営んできた人にとって耐え難いものとなるでしょう。離婚問題などを取り扱う弁護士に依頼すれば、離婚相手だけではなく、不倫相手にまで慰謝料の請求をさせることができます。不倫がどれだけこちらの心を傷つけたか、思い知らせるだけの額を請求できるので、多くの人が弁護士への相談を行なっているのです。