遺言作成や不倫の慰謝料問題はプロにお任せ|法律マスター

黒のペンと本

遺産や借金への対処

ペンと本

遺産相続では多くの問題が発生するものです。家族間での相続争いや、個人が残した借金による負の相続など、法に詳しくない人が対処をするのは難しいものです。相続問題に詳しい千葉の弁護士に相談することで、適切な対処を行なってもらえます。

有効な書類作成ができる

裁判

遺言作成を行なう場合、きちんとした遺言書の作成が行なえなければ、法的にも無効となる場合があるため注意しなければなりません。ちゃんと自分の意思を反映させた遺言を残したい場合、法の専門家である弁護士へ一度相談しましょう。

納得できる額を請求できる

裁判所

相手に不倫をされた場合、多くの人は離婚を行なうものです。その際、離婚後の生活費のためや、別れる相手や不倫相手を懲らしめるために、慰謝料の請求を行なうこともできます。離婚問題を多く扱う弁護士に相談すれば、よりよい額の慰謝料が得られます。

問題の前に

説明

相続における、調停や問題は増加傾向にあります。これは、家庭裁判所における司法統計年報をみれば、一目瞭然です。相続で何が問題になるのかというと、資産がどれくらい分けられるかの問題です。つまり、価値が分からないものが絡むと、この騒動が起きやすくなるということが言えます。価値が分からないものの代表として、不動産があります。この不動産価値というものは、そもそも物件一つ一つに個別性があるので判断しにくいという問題があります。また、不動産自体を取引する市場が、限られているので売買が難しいというのも大きな障害となっています。そこで、必要になってくるのが不動産鑑定というものです。不動産鑑定とは、文字通り価値がわかりづらい不動産価値を鑑定によってハッキリとさせるのです。不動産鑑定をすることで、相続問題がすんなり解決するとは限りませんが、価値をはっきりさせておく必要はあります。不動産の問題は、価値が分からないからこそもめている部分もあるので、価値をはっきりさせておくことは重要です。不動産鑑定を行うのは、不動産鑑定士という資格をもつ人がすることになっています。相続問題が起きる前に、不動産鑑定士というプロに資産の価値を鑑定してもらいましょう。相続問題にはあらゆる問題があります。それは不動産だけではありません。そのため、相続の問題の解決は弁護士や司法書士に協力してもらいそれぞれの分野で相続の問題を解決してもらいましょう。相続以外にも遺言作成も司法書士に依頼をすることが出来ます。遺言作成では、有効となる遺言書を作成することが出来るので事前に相談をしておくと安心することが出来ます。また、弁護士に依頼をすることが出来る相談にはパートナーの不倫問題があり、不倫で離婚になった際は慰謝料の請求をすることが可能です。しかし、慰謝料は妥当な金額を提示する必要がある他、示談では難しくなるので弁護士に依頼をすることが良いと考えられます。